ヒーリングとフィーリングの話

シェアする

フィーリングから入ってヒーリングの角を曲がるとそこは平穏でした。

さて、久しぶりにマスタースダカーの古典ヨガを受けました。

いわゆる動き(アーサナ)よりも概念であったり哲学を重要視している。

今回腑に落ちた話があったので一部分シェアしようと思います。気になる方は一度受講するのをオススメします。

*この記事を読んで、なんとなく分かる!と思った方は、是非、一緒に快適な動きや楽な呼吸だったり、練習しましょう♩

「ヒーリングとフィーリングの違い」

まずは、意味や定義からどうぞ。

ヒーリングについて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
 ヒーリング(healing)は、治療する・癒す・回復する、と訳される

なんとなく分かりますね、こんな感じです。施術やマッサージ、整体,癒し、という事かな。

フィーリングについて

大辞林 第三版の解説 

ばくぜんと、また直感的に抱く感情。物事に対する感じ方。気分。感じ。 「 -が合う」 「 -で決める」

出典 三省堂大辞林 第三版について

感じ方、肌感、気付き、心地良い。と私は感じました。

人から何かをされた時に感じるモノゴトよりも、

自分が何かやってみて、経験・体験してみてその時にどう思ったか?

これが、自分自身の内側や心、に繋がる為のフィーリングになるのかなと考えます。

良い方向にいく為にはこの順序かな

私はボディワークを提供しているので、

◆身体の癖や習慣に気付く事 が大事だなと考えていて、その中身は

こういうふうに動いたら、楽に動けるんだなぁ、という「フィーリング」に気付けると、肉体に変化が起こる。

そうするとヒーリング」のゾーンに入って行く事が出来ると。

そうなると自分の健康や幸福を他人に任せっきりにせず、自主管理出来る。

平穏で落ち着いていられる事が出来れば、こころも良い状態。

本当の意味でこれがセルフヒーリングなんだね。

※くれぐれも、ヒーリング○○系のサービスを否定する訳ではなく、何かそこから学び取れる物や昇華出来る事があれば、依存はしにくいよねって話です。