眼と手の協調性WS情報 2022

なぜ眼と手が大事なのか?

運動でも日常生活でも、また仕事においても沢山使われるのは、眼と手の動き。

無意識的にも(本当は非顕在意識化と呼びたいけど、面倒なやつと思われたくない)、

眼と手は日頃から酷使されているはずなので、

ゆっくりケアしながら、意識を向けてあげる時間を作りませんか?

眼は口ほどに物を言う

手は口ほどに物を言う

昔から表情のように比喩される、眼と手。

生きている限り、この感覚を使い続けます。

今回のWSに参加されると、新たな発見だけでなく、元々あった能力に驚く事でしょう。

 

運動スキルを向上させる為に

いつでも私のテーマは「長持ちする身体」です。

出来るだけ長く、遊べる身体へ。

適度な運動は必須条件。では、運動スキルを身につけていく為には、どんな感覚を取り込んで学んで

いくべきか。

今回のWSで大事にするその感覚とは、

「視知覚」「触圧覚」です。

 

眼の感覚はそのまま、視覚(見る-見える)。

これに「何が、どう」見えているかの要素を加えて、視知覚と呼んでいます。

手の感覚はと言うと、触れる・素材や形、硬さや柔らかさなど様々な種類がある、触圧覚

 

この2つの感覚を中心にワークショップで練習していきます。

 

土台の身体のワークが重要

この2つの感覚を発揮する為に、土台となる胴体と足腰のワークが重要です。

この土台があった方が眼と手の協調性は得られやすいです。

しっかり土台に対してもワークを提供させてもらいます。

内容は、

①頭を乗せている、胴体部分と足腰を整えるワーク

②手を操作しやすくする為の、上肢帯(手〜上腕、鎖骨、肩甲骨)のワーク

といった感じでいつもお店でお客さんとやっているワーク達でございます。ご安心を(何が?)

 

 

行き着く先は道具操作

我々人間は、道具を使いこなす事によって手先の巧緻性(スキル)を磨いてきました。

道具から得られる感覚を味わう事で、余計な力みが抜ける事を経験しましょう。

また、対人ワークも同時に行い、相手を感じ、自分にはない感覚を理解したり、自分一人では起こせない反応も楽しんでみましょう。

コントロール出来ない事も受け入れる、ありのままの今を受け入れるワークショップになる事間違いなしでしょう。

 

日程はこちら

10/1(土) 14:00〜17:00  岩手県盛岡 市内施設 残席4名

申込は   盛岡のジャイロキネシストレーナー諒くん へDM

th.soil.entry@gmail.comまで連絡下さい!自分の公式LINEアカウントでもokです!

 

 

10/12-13(水木) 横浜市 大倉山 アトリエ季布さん 

なんと、横浜は大倉山でも開催です。

12日は満席ですが、13日は残席3名位だったはずです。

申込は、横浜でスポーツトレーナーと整体師をしているこころ姉さんまでお願いします。

 

11/19-20(土日) 北海道 旭川市 美活整体トワールさん

旭川の聖子さん

申込はしょうこさんまでお願いします。

サロンはこちら!美活整体トワール

 

11/20(日)

旭川は今年2回目。いつも呼んで頂いて本当に嬉しいです。そして来てくれる方も全員良い人ばっかり。

ご飯も美味しい。全力で行くぞー。

 

 

と言う事で今年の大きいWSは以上となります。

12月は名古屋でも開催予定ですが、そちらは確定してからアップする事にします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする