ボディワークセッションin五所川原市

シェアする

定期的に行く五所川原と地元

7月に続き、9月16日も五所川原市に出張ボディワーク&施術会に行ってきました。

実家にちょっと用事があったのでちらっと寄りました。

午前中もバタバタと仕事だったため実家で簡単にお昼ご飯を済まそうと思ったのですが・・・(あわよくば、お袋の味に期待して)

ちょうど母親が仕事が休みで御在宅。

「お昼ご飯何かあるー❔」と聞いたら出てきたのが

カップラーメンでした。

おかん今までありがとう。

中学生の時の、土曜日の午前授業で終わって帰宅して食べる昼食を思い出した。

数年ぶりに食べたカップラーメンはとても美味しかったです。

津軽平野で深呼吸

秋らしい晴空で呼吸がとっても美味しい。
これが田舎の良さ。

ご参加された皆様大変ありがとうございました。

今回もとても学びが多くたくさんの気づきを頂くことができました。

思考のクセ・動きのクセ

簡単には離れてくれなかったですね。

長い年数をかけた分。また、いろんな物事と紐付けをされた分。

そこに執着があるから手放すのが難しいのか。

手放すこと自体が難しいと感じてしまっているのかもしれません。
普段あまり意識しない場所・馴染みのない動き。ここにフォーカスすることは、大変に疲れます。

休憩。黒糖タイム。塩水。これも大事。

私のボディワークの師も言います。

「のんびりやりなさい」

過度な集中は緊張を生む。byモーシェ・フェルデンクライス

最終的には少ない力で楽に動けること。

LESS is MORE

これが私のボディワークの礎であり奥義です。

まだまだ学び続けます。

痛みが出る動き方から痛みが出ない行為へ

さて、今回のいらしていただいた方々は、ヘルニアだったり、長年の関節痛だったり。

そういった様々な症状に対しても効果を出してくれるワークたち。

「痛みが出る動き」から「痛みが出ないような行為」へ。

そこに気づきを持てたことが今回の大きな収穫であったのではないかと感じました。

ついつい呼吸は止まってしまいます。

意識をすると途端に呼吸が止まり、使いやすい肩周りや首周りに力が入ってしまいます。

ありのままの体の動き。その癖や習慣に気づき。

ひとつずつ感覚を積み上げていくことが、日常生活に生かされることを願いながら。

大事なプロセス。自分の為の時間。

どうぞのんびりワークを続けてみましょう。私ものんびり続けています。
またお会いできることを楽しみにしていますね。

次は11月かな♩